我慢か、辛抱か。。。

my Style

このご時世になってから、盛んに耳にするようになった言葉である。

些細なことに拘らなければ、どちらも同じような意味と思っても差しさわりないだろう。拘りたいのであれば、当世、検索すれば詳しく考察されている記事も散見されるので、そちらを参照しながら留飲を下げる手もある。

私と言えば、子供のころから【辛抱】を使ってきたように思う。それは、母からの影響が強い。

昭和の時代においてもフリーでポジティブを実践していた母の生き様を愛してやまず、この歳になってもマザ・コンを自負している私であるから、当然とも言えるだろう。

そんな母からの小言と言えば『お前は辛抱が足りない!』だったのだ。

振り返れば、確かに、おっしゃる通りである。母のようなフリーでポジティブを実践するあまり、ついぞ辛抱は後回しにして生きてきた。

そんな私ですら、辛抱に辛抱を重ねなければならない日々が続いていたのだが、それも、いよいよ限度を超えてしまったようである。

店を開いてから17年。こんなにも長く休んだことは無かった。

長い長い有給休暇をいただいたと思えなくもないのだが、あてどなく暮らす日々が、死人(しびと)のそれとしか感じられなくなったことと、呼吸するのをあきらめてしまったような店が、可哀そうでならなくなってしまったのだ。

と言うわけで、前振りが長くなってしまったが 、店の営業を始めることにした次第である。

長過ぎた休みのツケを払いながら、少しでも早く呼吸が整えばと思っている。

 

my Style

Posted by Haru