砂の器

原作は【松本清張】氏の長編小説で、同氏の作品の中でも著名なひとつでもある。

1974年に映画化されたのが本作品で、映画化に先立ち1962年にTVドラマ化されているが、些か観劣りがしてしまう。

それ以後も、5回TVドラマとして製作されているが、正直言って別の作品だと思える内容である。

例えば、原作の確信ともなっている【本浦千代吉の疾病】が、1977年版では【精神疾患】となっていたり、1991年版では、あろうことか【逃亡犯】なのだ。

それ以外のTVドラマでも、似たり寄ったりなご都合主義の設定となっている。
 
この原作の主題は【宿命】である。それには、当時の社会に蔓延する【ハンセン氏病】に対する無理解が根底にあってこそ、物語自体が成り立つのであろう。

それは、予予(かねがね)私が、原作と映画化された作品との違和感に辟易(へきえき)してきた部分でもあるのだ。

しかし、本作品に限っては、原作の核心部分を土台にして丁寧に造られていた。

近年の邦画を好まなくなってしまった私だが、この年代の作品群は大好きで、幾度となく観返している。

やはり、名作と言われる作品には、それなりの理由があるのだ。

店も営業自粛中でもあるし、しばらくは、邦画三昧になる予感がしてきた。

Tags: