おとぎ話のヒロイン

もういいわ、わたしだって判ってるんだから

わたしがどんなに馬鹿なことしようとしてるのかはね

おとぎ話みたいだって言いたいんでしょう?

家族と引き換えにするような男(ひと)じゃないって言いたいんでしょ?

その通りかもしれないわ

でも、ほんの少しだけ、わたしも夢をみてみたくなったのよ

だって、今までずっと夢なんかみてるヒマなかったもの

そうね、あなたの言う通りだわ

夢をみるのには、それにふさわしい年齢(とし)があるのよね

そうよね

でも。。。

子供のころから、たくさんの夢にかこまれてきたあなたには、きっと、判らないでしょうね

いまごろになって、やっと、夢をみられるようになった女の気持ちなんか

いつも覚めている人生なんて、そりゃつまらないものよ

だから『いっしょに夢をみてみないか?』って

あのひとが、そう言ってくれたときは、ほんと嬉しかった

ずっと、ずっと、わたしが欲しかったものですもの

それだけは友達のあなたならわかってくれるでしょ?

幼稚園のときからずっと、わたしなんかと親友でいてくれたんですもの

あなたには心から感謝してるわ

あなたはいつも輝いていた、ほんと、羨ましいくらいにね

そう、あなたはいつも舞台の真中に立っていたわ

でっ、わたしはいつもその姿を見つめてた

舞台の袖からね

だから

わたしも、一度くらいは舞台の真中に立ってみたいなって思ったの

誰からも拍手してもらえなくていいから

おとぎ話のヒロインでもかまわないから

 

※ これはフィクションで実際のmy Styleとは関係ありません。たぶん。。。