お疲れ様

2016/05/23Note

別れは突然にやってきた。否、兆候があっても、それに気づかなかったのかも知れない。退(ひ)き際を知ることは難しい。思い入れの大きさの分だけ遅れ気味になりやすく、後々、命取りになることもあるので、ここは潔(いさぎよ)く引導を渡すことにした。

長年使ってきたレコード・プレーヤーが逝ってしまったのである。 YAMAHA YP-D10。発売当時(1970年後半)の価格は10万円以上で、当時の私には手の出る代物ではなかった。それが、店を開くにあたり、値打ちな中古品をみつけ、ずっと使ってきたのである。

昨夜は午前3時過ぎまで分解して修理を試みたが、決定的な部分の磨耗があり、素人目に見ても部品交換が必要 なダメージだった。当然、メーカ在庫など無いだろうし、ジャンク品を捜しての部品取りなども無理だろうと思われる。

そこで、『お疲れ様』の言葉とともに、好きなバーボンを手向けながら永眠してもらった次第である。。。合掌。

Note

Posted by Haru