Bags meets Wes!

Milt Jackson(vib)//Wes Montgomery(g)//Wynton Kelly(p)//Sam Jones(b)//Philly Joe Jones(ds)
1961,N.Y.C.

この5人のメンバーは【ミルト・ジャクソン】がリバーサイド・レーベルへ移籍したので実現した組み合わせである。

当時のリバーサイド・リズムセクションとも呼べる3人と共に、軽快で肩の凝らない演奏が収められ名盤で、私の愛聴盤でもある。

上記のメンバーで駄作を作ろうとする方が難しいとも言えるが、何度聴いても飽きることがない。特に【ミルト・ジャクソンと】【ウエス・モンゴメリー】に共通したブルース・フィーリングは、絶妙な相性で私を楽しませてくれるのだ。

当然だが、このアルバムの5人のメンバーは、この世には存在しない訳で、このようなアルバムが作られることは叶わないと思うと、なお一層、思い入れが深まってしまうのである。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA