過去から学び。。。

Note

四十路に入ったころから、極力、後ろを振り返らないように生きてきた。改めて振り返るほどの生き様など思い浮かばなかったからだ。お陰で今の瞬間を面白く過ごすことができている。

しかし、かのアインシュタインは、

" 過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。 "

そう言い残しているという。何とも前向きな言葉である。

 

パソコン通信のころからネットに親しんできたので、高齢者の仲間入りをさせてもらった今現在でも、そこそこは扱えていると自負できる。

まっ、技術の進歩に適応できているかとなれば、雲行きが怪しくなってくるのだが、必要最低限は理解できていると思っている。

そのお陰で、SNSの世界にも抵抗なく入ることができた。ありがたいことに、近頃では【ハイテク・ジジイ】の称号まで頂ける境地に到達できた。

これが誉め言葉なのか、揶揄されているのかは推測できないが、元来、前向きな性格なので、ありがたく頂戴しているのだ。

そんな私が、SNSを始めて間もないころから肝に銘じていることがある。

『SNSの世界は若者の世界なので、若者でなくなったら、潔(いさぎよ)くやめよう』

ただし、ここでいう若者とは、年齢的なものではなく思考回路が若いということである。

現に、私より年配でも若々しい回路の方はいらっしゃるし、年齢的な若者でも錆びついた回路しか無いような方もいる。

私が、自身の判断基準としているのは、過去にすがった投稿の有無なのだ。過去を題材にするのはいいとして、それにすがった内容なら、そろそろ潮時にしようと考えているのだ。

閑話休題。

後ろを振り返ることは悪いことではない。過去から学べることは多い。しかし、過去に支配されてしまっては本末転倒なのである。ここ数年増えてきた、この手の投稿を目にする度に、そんな思いに駆られてしまうのだ。

そんな今夜は、己の回路の錆つき具合を試したくなり、後ろを振り返ってみようと、昔聴いたアルバムを引っ張り出してみた。さてさて、どんな思いが蘇るやら、怖くもあり楽しくもある。

Note

Posted by Haru