どうでもいいこと

2021/06/03Note

暮らしの中で90%は “どうでもいいこと” である。しかし、残った10%は譲歩できない部分で、これを固守するために90%を手放したとも言えるだろう。

ところが、他人からすればまさしくその10%が “どうでもいいこと” だったりする。

若者の会話を聞いていると『感動した!』と良く口にする。しかし、この言葉は、私の友人を含め、私たちの年代では滅多に使わない言葉である。

それは【感動】という言葉には、軽軽しく使えないような重みを感じるからで、この言葉の後には何も続かない、つまりは究極な感情表現のときにしか使わないのだ。

当然『超、感動した!』などとは、口が裂けても言わないのである。

しかしながら、意に介さない人からすれば、これすら “どうでもいいこと” なのである。

Note

Posted by Haru