SNS批判

Note

SNS上でSNSの批判をするほど馬鹿げたことはないと思ってきたが、あまりにも理不尽なので、ちょっとだけ小言を言いたい。

それは【Facebook】のお勧め動画である。

どこで繋がっているのか、何か買い物をすれば、即座に似たようなものを薦めてくる。

例えば、長年愛用しているビキニのブリーフを買った途端、それはもうニンマリしてしまうサイトのお知らせが来る。言い訳ではないが、ボクサー・パンツやトランクスが主流の今時では、その手のサイトでしか売っていないのである。

他には、新刊情報、トレックの新製品、トレーニング用品のお知らせ、トライアスロン関係の情報などは、フォローしているので納得できるし、重宝している。

しかし、某、民○党のくだらないPVを、幾度となく薦めてくる根拠はどこにあるのだ。選挙が近づいていることを考慮すればできなくもないが、それならば、他にも薦めてくればいいだろう。

無視すればいいことなのは判っている。しかし、どうにも我慢できない。私にすれば、死ぬほど嫌いなラッキョウが食卓に並んでいるようなものなのだ。世が世なれば、ちゃぶ台をひっくり返す出来事である。

正直、店の宣伝のためにアカウントを取得した【Facebook】である。この状態が続くのであれば、こっちは相方に任せて、私は撤退する日が近いかもしれない。

Note

Posted by Haru