父の日

2018/04/10Note

何んとっ!父の日のプレゼントをもらった。

何年繰りのことだろう。

振り返れば、実の娘からもらった記憶が僅かながら残っている。例え、それが手作りの肩叩き券だろうと、父親としては、それはもう嬉しかったものだ。その娘も、近頃は子育てで手一杯のようで、トンとご無沙汰が続いている。

そんな折、こんなにも嬉しい贈り物と出逢うことができた。

書くことの多い私にはピッタリな、それもウィスキー樽のリサイクルで作られたボールペン。それも、名前入りである。

思えば、贈り主の彼女は色々な面で娘みたいな存在だった。

久しく忘れていた思いを蘇らせてくれた娘に感謝感謝!

Note

Posted by Haru