Sonny Rollins and
the Contemporary Leaders

Sonny Rollins (ts)//Victor Feldman (vib )//Hampton Hawes (p)//Barney Kessel (g)
Leroy Vinnegar (b)//Shelly Manne (d)

ウェスト・コーストのミュージシャンと演奏したアルバムでは、【WAY OUT WEST】の方が評価が高い。事実、私もピアノ・レスで演奏された、そのアルバムの方が気に入っている。

しかし、同時期のアルバムで、さらりと聴きたいのなら【Sonny Rollins and the Contemporary Leaders】に軍配が上がるだろう。

曲により編成が異なっているが、ギターの【Barney Kessel】が参加しているセッションなどは、リラックスして聴くことができる。

ロリンズは、このアルバムを録音したのち、突然、一年余り隠匿してしまうのだが、その前の迷いのようなものを感じるのだが、それは定かではない。

しかし、復活のアルバム【The Bridge】で、まったく新しい境地に足を踏み入れたことを考えれば、強(あなが)ち間違いではないように思う。

試しに【WAY OUT WEST】【Sonny Rollins and the Contemporary Leaders】【The Bridge】と、時系列順に聴いてみると、そう思えて仕方ないのだ。

そういう面でも、面白く聴けるアルバムとなっている。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA