休日の過ごし方

Note

off

今日は定休日。

いつもなら、店の仕込みに追われるのが常なのだが、珍しくそれも無い。裏返せば、ここのところ、ずっと暇だっただけなのだが、それも良しとすれば気は楽になる。

秋晴れの今日。布団干しなどの力技を要する家事をやっつけてしまえば、私の出る番は無く、まったくの手持ち無沙汰になってしまう。ならばと、溜まっていた数冊の本に目を通しながら、久しぶりにパイプを咥え、陽も高いうちからチビチビやることにした。

普段なら『そんなのは、いつものことでしょう!?』と、痛いところを衝いてくる相方は、風邪気味のため早めにご就寝である。久しぶりに巡ってきた至福の時間とばかり、チビチビ、コポコポ、ドボドボとやっているうちに、足元がおぼつかなくなってきた。

目覚めてから何をこなしてきたかの記憶も曖昧になってきたので、そろそろ最後の一杯を空けてから、フラフラと帰ることにする。生産性のカケラも無い一日だったが、こんな休日があってもいいかなと思えてくる私は、幸せ者なのだろう。

Note

Posted by Haru