IT革命?

2018/04/09Note

2013-10-01-17.38.15

パソコン通信と称されていた当時から20年以上もパソコンと接してきた。そのあいだ、私の中では、小さいながら様々なIT革命といえる出来事があった。

OSでいえば、Win95の出現と、その驚きに始まり、98、2000、Xpと変革を重ね、遅ればせながら数日前にやっとWin7に換えることができた。

通信速度もダイアルアップに始まりISDN、ADSL、光通信と格段に速くなっている。

不慣れな横文字に四苦八苦しながらHTMLを学んだ末のWebPage創りでは、文字が横にスクロールしただけで狂喜乱舞したことが懐かしく思い出される。

サイトの日記がBlogに換わったと聞けば、すぐさま開設。それがWordPressの利用者が多くなったと知れば、いそいそと変更する。何とも節操の無い繰り返しだ。

世情の流れに比べ、この世界の進歩度合いは、はるかに早い。その上、回を重ねる毎に難解になるのが常である。それでも、歳月人を待たず(さいげつ、ひとをまたず)の戒めを身勝手に解釈しながら、無駄とも思われる時間を費やしてきた。

そのお陰だろうか、流行のSNSにも手を出し、文章が硬すぎると相方から揶揄されながらも、歳の割には利用頻度が多いと思う。

その結果、当然のように増え続けるのが通信費の額なのだ。それを抑えようと頭を捻った結果が上の組み合わせなのである。

まずは、根源であるiPhoneを普通の携帯電話(巷ではガラケーと称すらしい)に替えた。当然、これは通話のみの仕様であるから、携帯のメールアドレスも利用しない。

そして、WiFi接続でインターネットを利用するためにiPad miniを購入。店には既にWiFi環境があるので、自宅の回線をWiMAXに契約変更して環境は整った。

何と、これで月額4.000円以上の節約になった上、使い勝っても各段に良くなったのだ。

『どだい、あのサイズは中年以上には無理なんだって。。。』と友人が言っていたように、iPhoneでのインターネットは辛いものがあった。

件の友人は、私よりも遥かに若いご婦人なのだが、早くからiPadを使われている。私はそこまでのサイズは要らないことと、持ち運びを考えてminiにしたのだが、必要にしてかつ十分な大きさだった。

しかしながら、これだけ知恵を絞り捻出した金額も、相方がまもなく手にする予定の最新型iPhoneに半分は持っていかれてしまうのだ。

それでも、WiMAXのおまけで付いてきたNEXUS7を嬉しそうに触っている姿や、まもなく届くiPhone5sを手にしたときに見せてくれるであろう飛び切りの笑顔に期待して、無粋なことは、考えないことにしている。

Note

Posted by Haru