人種差別考

2016/05/22Note

元来、単一民族国家である日本では、人種による差別感は薄い。しかし、多民族国家であるアメリカやヨーロッパ諸国では、根強く残っていると聞く。そこで、てFacebook上に、実話として掲載された記事を転載してみる。

=====以下、引用=====

50代とおぼしき妙齢の白人女性が機内で席につくと、自分の隣が黒人男性であるという事に気がついた。彼女は、周囲にもわかる程に激怒しアテンダントを呼んだ。

アテンダント:どうかなさいましたか?」

白人女性:「分からないの?隣が黒人なのよ。彼の隣になんか座ってられないわ。席を替えて頂戴!」

アテンダント:「お客様。落ち着いていただけますか?当便はあいにく満席でございますが、今一度、空席があるかどうか、調べて参ります」

そう言って去ったアテンダントは、数分後に戻って来た。

アテンダント:「お客様、先ほど申し上げましたように、やはり、こちらのエコノミークラスは満席でございました。ただ、機長に確認したところファーストクラスには空席があるとのことでございます」

そして、白人女性が何か言おうとする前に、アテンダントは次のように続けた。

アテンダント:「お察しとは存じますが、当社ではエコノミークラスからファーストクラスに席を替えるという事は通常行っておりません。しかしながら、或るお客様が不愉快なお客様の隣に座って道中を過ごさざるをえない、という事は、当社にとって恥ずべき事となると判断いたしますので、当然、事情は変わって参ります」

そして黒人男性に向かってアテンダントはこう言った。

アテンダント:「ということで、お客様、もしおさしつかえなければ、お手荷物をまとめていただけませんでしょうか?ファーストクラスのお席へご案内いたします」

近くの乗客が、歓声をあげた。スタンディングオベーションを送る者もいた。そして、その白人女性は呆然と眺めるだけであった。

=====引用終わり=====

おそらく、日本国内で類似なことが起こった場合、航空会社が同様の措置をとることは無いだろうし、仮に、そうなったとして、このように賞賛する乗客が何人いるのだろう。

人種による差別を一度でも体験した者なら、その根深さを知っている。そして、その体験をどう生かすかで、その人の価値が決まってくるのだと思う。

Note

Posted by Haru