父と娘

2018/04/08Note

私には三十路半ばになる娘がいる。私を反面教師として育ったせいか、計画的で努力を惜しまない性格は、私の娘ではないと思えてくる。

ともかく、優しすぎる旦那と2人の娘(孫)たちとの家庭を大切にして暮らす彼女を 『私には出来すぎた娘だ』 と思えることは、親としては幸せなことには違いない。

親子という関係で括(くく)れば同じでも、父親と娘との関係は、母親とのそれとは大きく違ってくる。性別の違いが大きな要因なのだろうが、それとは別に、目に見えない隔たりが横たわっているように感じてしまうのだ。

結果、窓越しの会話でしか接してこなかったような気がする。年に数回しか顔をあわせなくなった今は、それが孫を挟んでの会話になってしまっている。

しかし、それは私が一方的に感じているだけのようだ。この世で一番汚いものと接するように、私との距離を置いていた中学時代を除けば、呼び名が『パパ』から『おじじ』に変わろうとも、父親として接してくれている。

その昔、サントリーのウィスキーが好きだったこともあり、このCM・シリーズが好きだった。当時は私もまだ若く、上辺(うわべ)だけでしか捉えられなかったのだが、還暦を迎えた今、改めて観かえすと、父親の心を代弁する秀逸な作品だったと気づかされた。

産まれたばかりの娘を、恐る恐る抱き上げた、あの日のように、何の隔たりもなく娘と接する日はやって来るのだろうか?

いやはや、父親とは厄介なものである。

Note

Posted by Haru