Fragile

相方のコレクションの中にあった [FRAGILE] の荷造りテープ (早い話が、小包などに張る [ワレモノ注意] のテープ) を見ていて、この曲を思い出した。STINGの楽曲中では一番好きな歌だ。

ポリス時代を含めて、彼の歌には様々なメッセージが含まれている。

この歌も、1987年、内戦状態にあったニカラグアで、若いアメリカ人技術者が惨殺された事件がきっかけとなって創られたと聞く。そのせいか、他の曲に較べて直接的なメッセージではなく、憂いを含んだ内容になっているが、それがかえって、印象的なメロディーと相まって、いっそう心に響いてくる。

“That nothing comes from violence and nothing ever could”
【暴力からは何も生まれないし、かつてそうなったことはない】

これは、彼の変わらないスタンスだろうし、

“How fragile we are”
【僕らは、なんて脆いんだろう】

何度も繰り返されるこのフレーズが、この歌の全てだと感じられるのである。

Tags: