Berg Larsen
【ベルグ・ラーセン】

数年前に手に入れたのはいいが、あまりの手強さに手こずり、半ば諦めかけていたベルグ・ラーセンのマウス・ピース。いっそヤフオクに出そうかと思った時期もあった。

何たってリード・ミスは多いし、ピッチはずれるし、息もたくさん入るので疲れる。いまだに初心者から脱却できないでいる私には、どだい無理な代物だったのだ。

それでも、あのブリブリ、バリバリ感を体験したくて、折に触れ練習だけはしてきた。

その甲斐があってか、ここにきて何とかさまになる音が出てくれるようになったのだ。“石の上にも三年”でもないだろうが、やはり“継続は力なり”なのであろう。

そうなればゲンキンなのもので、ずっと愛用してきたオットーリンクは仕舞いこんで、もっぱらこれ一本で練習に精を出している。

“オットーリンクがスコッチならば、ベルグ・ラーセンはバーボンのようだ”と称したサイトがあったが、まったくもって言い得て妙な表現だ。やはり『私が求めていた音はコレだったのだ!』などと思いはじめてはいるのだが。。。

因みに、ベルグ・ラーセン・サウンドを検索していたら、懐かしい動画を見つけ、今後の目標が決まった。タワー・オブ・パワーのレニー・ピケット(髪型がブロッコリー状態のテナー・マン)のような【歌って踊れるテナー・マン】ってのはどうだろうか???