A Clockwork Orange
【時計じかけのオレンジ】

この作品を観たのは二十歳のころだった。

生意気盛りである。世の中をすべて判ったような気になっていた。まだ子供のくせに、年齢だけは大人だった時期でもある。

暴力的で反社会的なこの作品も、スタンリー・キューブリック作品というだけで、訳も判らず褒めちぎっていた。

正直言えば、まったく意味不明で退屈だったのだが、そんなことは口が裂けても言えない年代だったのだ。

あれから40年以上も歳を重ねたので、少しは理解できるのではと観てみたが、やっぱり意味不明だった。どだい、私には合わない部類の作品なのだろう。

収穫らしきものを探すとすれば、当時はぼかされていた部分からボカシが消えていたことぐらいである。


Tags: