Francis Albert
【フランシス・アルバート】


手っ取り早く酔っ払いたいときにはジンを煽るのに限ると信じていたのだが、それを凌駕する最強カクテルを発見した。

【フランシス・アルバート】

タンカレーとワイルド・ターキー8年を混ぜるという、想像しただけで酔いが回りそうなカクテルである。

由来はどちらもフランク・シナトラが愛飲した銘柄とのことで、指定されている銘柄は変えられない。その名称も彼の本名からきている。

しかし、ビルド、ステア、シェイクと製法の指定はなく、ショートでもロックでも適量のソーダで割ってもいいらしい。つまりは、47.3%と50.5%のチャンポンを造ればいい訳である。

試しに、それぞれを試してみた。

先ずはシェイクしてショートにした。それぞれの個性が打ち消されて新たな個性が出現している。まさしくカクテルと呼ぶにはこの製法だろう。ひょっとしてオリジナルはこれかもしれない。でも、私には合わなかった。

次にミキシング・グラスでステアした。きりっとしたタンカレーばかりが主張しすぎて、あまりにもターキーが可愛そうである。これは無い。ロックにしてみても変わりなく、少しのソーダで割ってみたが、好みから遠ざかるばかりである。

最後に大き目の氷を入れたグラスでビルドしてみると、これが私にはピッタリだった。グラスの中で、タンカレーもターキーも共存している。昔耳にした『一粒で二度美味しい』というフレーズが浮かんできた。

半世紀以上も生きていると、様々なことと遭遇する。酔いに任せて忘れたいこともでてくる。忘却へ導く冪関数(べきかんすう)を呼び起こすカクテルは【フランシス・アルバート】に決まりである。