【労多くして功少なし】

はたからすればどうでもいいことでも、当人にとっては、甚だ重要だったりすることがある。

私のそれは、店にある本棚の整理なのだ。すでに趣味と言ってもいい領域だろう。

これまでにも数回、大々的に入れ替えを敢行したことがある。そのつど、これでもう完璧と思いつつも、しばらくすると使い勝手が気に入らなくなってくる。そこで再び。。。これの繰り返しなのである。

当初は鼻白みながら見ていた相方も、今ではもう関心すら示さなくなっている。

それをいいことに、今回も総入れ替えを敢行。

今回のテーマとしては、備忘録として使っている【Book library】と連動させることとした。

午前2時の営業終了後、タブレットを片手にサイトで確認しながら、薄暗い店内で鬼気として本を整理する図は、見ようによってはホラーに近いだろう。

それでも、お気に入りの本を手にしたときの、中身を確認したい誘惑を振り切りながら、東の空が白みはじめたころには、何とか形になった。

結果としては【労多くして功少なし】といったところだろうか。それでも、同じ本を3冊発見できたことや、貸し出し中の本を確認できたことを考慮すれば、良しとできるだろう。

なんと言っても、これは私の趣味なのだから。