滝を見にいく

暇つぶしに観だした作品だったが、ここ最近観た中では、断トツで面白かった。

登場人物は7人+2人。

と言っても、殆どは7人のオバマサ方で綴られている。

日頃、邦画をご覧になっている方々なら、周知の女優さんなのかも知れないが、私にはどなたも初めてお目にかかる方々だった。

しかし、何とも素敵なオバサマなのである。

仰々しいセットも、緊迫するストーリーも無く、淡々と進む展開ながら、気が付けば観いってしまう。

それは、何故なのだろうか?

最近なってこの手の作品を観はじめた、邦画初心者の私の中では、トップを争う作品であると同時に、暇をもてあましている方があれば、是非是非、ご覧意なって欲しい作品でもある。