死にゆく妻との旅路

妻と逃避行の挙句、主人公は逮捕される。罪状は【保護責任者遺棄致死】

法治国家である以上、それは、いたしかたないことであるし、結果として【起訴猶予】になったことも同じように納得できる。

しかし、それを自分の身に置き換えてみても、答えを出すことはできなかった。ただ、そんなことを考えさせられる女(ひと)が、そばにいてくれることだけは、嬉しくてしかたない。

人が人を好きになるとは何なのか。愛とか恋とかを超えた、感情の根源を考えさせられた作品だった。

などと言いながら、主演女優さんの魅力に翻弄されてしまったというのが、正直な感想でしかない、何とも下世話な私である。