チャイコフスキー
交響曲第6番ロ短調

ジャズのアルバムに紛れて1枚だけあったクラシックのアルバム。 チャイコフスキー・交響曲第6番ロ短調 OP.74 【悲愴】 ずいぶん昔のこと、恐らくは訳もわからず勢いだけで買ったに違いないが、【悲愴】と付けられた副題の意味 […]...

男のアクセサリー考

若いころからアクセサリー好きだった。多いときは両手の指にすべて指輪をはめていたりもした。 昨今のように、男がアクセサリーをジャラジャラと身に着けていても違和感を抱かれない時世と違い、必ず特異な視線を受けてしまう時代である […]...

聴き比べ

小学校6年生の音楽の授業で、ベートーベンのシンフォニーを聴き比べると聞いた。 私の年代では、この手の授業をやったのは中学校だと記憶している。当然ながら、当時の私には、ただただ惰眠を貪る時間だったことは言うまでもない。 あ […]...

シンプル・イズ・ベスト

そろそろWin.7のサポート終了が迫ってきたので、仕方なく先延ばしにしていたWin.10への乗り換えを敢行することにした。 先送りにしてきたのには経緯がある。これまでの経験から“Mクロソフトの新しいOSへの乗り換えは一呼 […]...

デジログ人間

25枚のCDを自動再生してくれる便利な装置が手に入った。【25-DISC MULTI PLAY CD CHANGER】と書かれてある。 その昔、ボタンで選曲してEPレコードを聴かせてくれたジューク・ボックスのCD判のよう […]...

カートリッジ交換

飽き性な私にしては珍しく、レコード・カートリッジはDENONの【DL-103】を使い続けてきた。 MC型カートリッジの中では名器の誉れ高い機種だけあって、解像度、バランス、音質と申し分ないのだが、私の好きな年代のジャズを […]...